「ちくわ」(モルモット)が当選〜須坂市動物園代表動物選挙

2021-03-27 07:00 am by 須坂新聞

お知らせ icon 11種類の動物が争った須坂市動物園の代表動物選挙は21日開票され、モルモットの「ちくわ」が455票を獲得して当選した。2位に入ったフンボルトペンギンの「サラミ」に164票差をつけた。ちくわは、2021年度の入園券や年間パスポート券の表紙を飾るなど、同園11代目の「顔」として活躍する。23日、同園で当選証書授与式があった。
 モルモットの当選は12年度の代表動物を務めた「ぽぽ」以来、2回目。ちくわを推薦した飼育員の谷川冴香(さやか)さんは取材に、「コロナでイベントは縮小しているが、できる範囲で来園者の皆さんに癒やしを届けられるような工夫をしたい」と語った。
 ちくわは3歳のメス。体長20cmほど。丸い体に茶色く長い毛が印象的。穏やかな性格で、ふれあい動物として親しまれているモルモットの中でも人気があるという。谷川さんは「アニメの影響でモルモットの知名度が高まっている。顔がかわいい。サイズも親しみやすい」と勝因を分析した。
 代表動物選挙は11回目。有権者(13〜21日の入園者と13〜19日正午のインターネット投票者)4,415人のうち、2,122人が投票した。有効投票数2,089票、無効33票。投票率は48.06%で、過去最高だった前回49.95%を1.89ポイント下回った。
 同園では現在、約40匹のモルモットを飼育。ふれあいイベントはコロナ禍により、土日祝日限定で開催している。

2021-03-27 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。