【北信中学柔道】須坂市協会が中1男子団体V〜個人戦でも活躍

2020-03-07 07:00 am by 須坂新聞

スポーツ icon 中学生柔道の北信冬季団体優勝大会兼1年生大会はこのほど、千曲市のことぶきアリーナで行われた。男子団体1年生の部で須坂市柔道協会(▽先鋒 勝山来輝=相森▽中堅 内藤蔵之助=常盤▽大将 増田康太郎=小布施)が優勝を飾った。
 北信地区の中学1・2年生が男女、学年、体重別など団体と個人の9部門で競った。
 男子団体1年生の部(3人制)は7チームが出場。須坂は若穂Bに3―0、篠ノ井西Aに2―1、篠ノ井西Cに3―0の3戦全勝で予選リーグを突破すると、決勝トーナメントは準決勝で川中島を2―1、決勝で若穂Aを2―0で破った。
 先鋒の勝山君は「後の2人が安心できるよう、最初に勝つという気持ちで臨んだ。技がちゃんと決まった」、大将の増田君は「前の2人が勝っていた試合が多かったけど、勝者同数の時は『自分がしっかり決めないと』と思った。練習通りの技を本番で掛けられてよかった」と喜んだ。
 また、個人戦(1年生のみ)では、17人がトーナメントを戦った男子60kg級で勝山君が優勝、増田君が準優勝した。勝山君は「得意の内股など、練習していた技が試合でしっかり出せて、全試合1本で勝てた」、増田君は「最後に負けてしまったけど、自分の実力よりはかなり上の順位に入れた。勝ち進んでいくうちに動きがよくなり、しっかり技が出せた」と話していた。

2020-03-07 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。