【須坂市動物園】代表動物選挙 11派の争い〜20日と21日に投票

2021-03-20 07:00 am by 須坂新聞

お知らせ icon 須坂市動物園の2021年度の「顔」を決める第11回代表動物選挙は13日告示され、飼育員が推薦する11派が立候補した。投票はきょう20日とあす21日。19日までは期日前投票(ネット含む)も受け付けた。
 立候補したのは、
▽アライグマ「ライ」
▽トビ「角さん」
▽ポニー「金太郎」
▽オグロプレーリードッグ「ニック」
▽フンボルトペンギン「サラミ」
▽モルモット「ちくわ」
▽ブタオザル「ストロベリー」
▽トカラヤギ(今後命名の赤ちゃん2匹)
▽インドクジャク「パプリカ」
▽ヤギ「希望」
▽ニホンツキノワグマ「ケン」。
 新型コロナウイルス感染予防のため、推薦人による恒例の立会演説会などは行わず、園内に流す「政権放送」などで支持を訴える。各種SNS(会員制交流サイト)でも動画を公開してPRしている。
 春の動物園まつりのメインイベント。今回は、過去2回連続で当選しているアカカンガルーの立候補がないなど激戦必至の情勢か。担当飼育員の小林功さんは「例年に増して票が割れるのでは」と話している。
 投票場所は園内4カ所。両日とも午前9時〜午後4時45分

2021-03-20 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。