須坂駅南西に河東線公園計画〜運営協会長に西原社長就任

2015-01-17 07:00 am by 須坂新聞

まちづくり icon 須坂駅南西側の長野電鉄旧屋代線跡地(約150m区間)と隣接する旧米子線跡地(共に市所有、約2,900?)にサンジュニア(南横町、西原秀次社長)社有地(約500?)を合わせた約3,400?を河東線記念公園に整備しようと、昨年から地元関係者が運営協議会を進めているが、13日、規約や役員を決め、会を設立した。会長に西原社長、副会長に北村幸一幸建築設計事務所社長が就いた。
 公園整備の内容は?線路4本(レール、枕木)や分岐器(ポイント)3基、ピット(電車の車両点検等に使用した建物)を活用する?旧屋代線(河東線)各駅名と歴史を刻む看板を設置?線路に沿って夜間照明灯を設置―など計画する。
 河東線記念公園運営協議会の目的は、地域の公園として人々が楽しめる公園とする。また、歴史を刻み、地域資産の線路を活用した公園とするとした。
 会員は現在、近隣の企業7社、2町区(南横町、北横町)、須坂市の総勢14人。
 会議(第3回)はサンジュニアが所有するルミエール須坂(同社隣、旧富士通社員寮)で開いた。
 今年春のオープンを目指している。

2015-01-17 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。