2021東京五輪出場目指す 期待の須高アスリート〜佐藤綾選手編

2021-01-01 07:00 am by 須坂新聞

スポーツ icon 新型コロナウイルスの影響で今夏に延期された東京オリンピック・パラリンピック。須高出身では、男子50km競歩で小布施町大島出身の荒井広宙(ひろおき)選手(32、富士通)、女子競泳で須坂市村山町出身の佐藤綾選手(26、新潟医療福祉大職員)、女子バレーボールで須坂市豊丘上町出身の山岸あかね選手(29、埼玉上尾メディックス)の五輪出場が期待されている。「競技を楽しむ気持ちも大事に」(荒井選手)「選考会まで悔いのないよう取り組む」(佐藤選手)「何事もポジティブに」(山岸選手)。それぞれ前を向いて進む。

佐藤選手「後悔のないよう準備」
 佐藤選手は、代表選考会を兼ねた4月の日本選手権女子自由形で個人、リレーの派遣標準記録突破を目指す。
 「東京オリンピックで(競技生活に)ひと区切りをつけようと思っていたので、(延期を)受け入れるのに時間がかかった」。1年後の開催も不透明な状況に「引退も考えた」が、周囲からの言葉に奮起。「挑戦できるチャンスがあるのなら、もう1年頑張ってみよう」と決意を固めた。
 ただ、コロナ禍で大会のない期間が続き、「レース感が失われてしまった」。昨年12月の日本選手権は50mで久々の予選落ち、得意の100mも5位にとどまり、「目標タイムを出せず、思ったようなレースができていない」と感じている。
 約3カ月後の選考会は「不安な気持ちの方が大きい」と言うが、「どんな結果であっても後悔のない取り組みをして、本番を迎えたい」。課題と徹底的に向き合い、一発勝負のスタート台に立つ。

2021-01-01 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。