【須坂市】避難場所開設用品を配備〜小中学校や公民館等28カ所に

2020-09-19 07:00 am by 須坂新聞

お知らせ icon 須坂市は10日、災害時に避難場所・避難所となる市内公共施設のうち、小中学校や地域公民館、体育館など職員が配置され、管理が可能な28カ所に「緊急避難場所・避難所開設用ファーストキットBOX」を配備した。市職員など施設管理者が円滑に初動対応できるよう避難者受け付け記入用紙やビブス(「須坂市」表示ベスト)、消毒用アルコール、マスク、拡声器などをそろえた。
 災害対応用ファーストキットBOXは、市が独自に作った。昨年10月の台風19号に対応し、避難場所・避難所運営を経験した職員の現場の声を受け、総務課が中身を固めた。
 内容物は、他に非接触式温度計3個、フェイスガード6個、ランタン(灯火)、ビニールテープ、養生テープ、黒マジック、鉛筆、A3用紙、避難者カード、避難所運営マニュアル。
 総務課は「昨年避難所を運営した経験を踏まえ、職員から意見要望が上がった。今年になって新型コロナ対応も必要となり、マスクや消毒用アルコールなども箱の中に入れた。国の交付金を使って予算化した」。
 新たに購入した物品の設置費用は28カ所合計で132万円。7月22日の市議会臨時会で可決された。

2020-09-19 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。