【参院選】須坂市投票率50%割る〜県区羽田氏が5選

2019-07-27 07:00 am by 須坂新聞

政治・経済 icon 任期満了に伴う参議院議員通常選挙は21日、投開票された。4氏(現職1、新人3)が激戦を繰り広げた県区(改選定数1)は、国民民主党現職の羽田雄一郎氏(51)が5回目の当選を果たした。投票率は須坂市49.74%、小布施町56.74%、高山村57.38%。前回(3年前)に比べ8.64〜9.37ポイント下回った。全県は54.29%で8.57ポイント下回った。
 選挙戦(11日の須坂市中央公民館)で羽田氏は「総理の改憲は到底許されるものではない。誰がやっても政治は変わらないと無関心ではいけない。国民主権の国家で政治を変えられるのは皆さんの一票だけ。平和憲法を持つ平和な日本は、平和外交で平和をつくっていくことが基本。子供たちの未来に責任ある政治をつなげていく。平和な日本をつなげていく。これが今選挙の大争点」と強調した。
 さらに、「国民の不安や不満を国会の場で議論し、安心の社会にしていくことがわれわれ政治家の仕事。国民生活の向上と子供たちの未来のために県民、国民の手に政治を取り戻そう」と訴えた。
 21日夜、マスコミ各社の当確の報には「市民と野党の絆ができたことに感謝を申し上げたい。貧困をなくし、子供たちの育ちに責任ある政治を実現していきたい。これからの国会が勝負」とした。

2019-07-27 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。