ログハウスのバス停を修復〜須坂市夏端町の有志

2018-07-07 07:00 am by 須坂新聞

お知らせ icon 須坂市夏端町の有志はこのほど、東中学校前にあるログハウスのバス停留所が老朽化していることから修復に汗を流した。
 このバス停留所は25年前、仁礼地域公民館が体験学習の一環として呼び掛け、受講者ら10数人で作った。地元の山林の間伐材を譲ってもらい、伐採から皮むき、製材、組立てまでを行った。当時の東中生徒は間伐材から看板を作った。
 今回は仁礼コミュニティーセンター館長の片桐秀一さんが夏端町の区役員らに呼び掛けて、約20人が参加。全面に防腐剤を塗り、トタン屋根はペンキを塗って仕上げた。
 当時講師を務めた篠塚久義さん(70、仁礼町)は「趣味のログハウス作りを教えてほしいとの話があった。当時を思い出しながら作業できた」、地元区長の渡部進さん(71、夏端町)は「皆さんのおかげできれいになり、区民に喜んで使っていただける」、片桐さんは「仁礼地域づくり推進委員会の活動の一環として行った。立派に仕上げた皆さんに感謝です」と話している。

2018-07-07 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は930円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。

須坂限定ホームページ作成無料