双葉幼稚園の新園舎が竣工〜エントランスにシンボル「三角屋根の時計台」の絵

2018-06-16 07:00 am by 須坂新聞

お知らせ icon 学校法人双葉学園が運営する須坂双葉幼稚園(須坂市屋部町、垂澤優樹園長)は、認定こども園(本年度から)への移行と共に進めてきた園舎の新築工事、旧園舎の解体、園庭整備がすべて完了し、先月26日、関係者35人が出席して竣工式を行った。エントランスには、創立当時から親しまれた旧園舎の三角屋根の時計台を描いた道原(どうばら)聡さん(イタリア・フィレンツェ在住の画家)のファンタジックな絵画が飾られた。
 三角屋根の時計台は同園(1971年4月開園)の園歌に「三角おやねの時計台」と歌われるほど象徴的な存在だった。道原さんは昨年夏、解体前の園舎を描くため同園を訪問。完成した絵には園児が好きだったリスのベンチと通称?まんまるお山?も登場する。
 垂澤園長は「先人が抱いた保育への思いと三角屋根から導かれ、新たに三角形の形状を持つ平屋建の園舎が完成した。取り壊された旧園舎も絵の中で生き続け、語り継いでいくことができる。今は毎日エントランスで園児たちを見守ってくれています」と話す。
 また、園庭は園舎の周囲を有効活用。遊具スペースとボール遊びなどができる広い空間、砂場がある未満児専用のコンパクトなエリアに整備した。築山の他、園舎の屋上につながる外階段も完成。園内中央の遊戯ホールと開放的な保育ゾーンが融合し、新園コンセプトの“まるごと遊び空間”になった。
 竣工式では園章にデザインされているサクラの植樹も行われた。

2018-06-16 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は930円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。

須坂限定ホームページ作成無料