須坂市議選〜新人6人、現職14人が準備

2015-01-01 07:00 am by 須坂新聞

政治・経済 icon 任期満了に伴う市議選(定数20、1月25日告示、2月1日投票)まで1カ月を切った。新人を推す動きはこれまでに6人。現職は5人が引退や県議選挑戦のため市議選には出馬しない意向を示している。24日現在、現職1人が「意欲はあるが、熟慮中」とし、態度を明らかにしていない。選挙戦突入は微妙な情勢だ。身近な議員を選ぶ選挙について、市民からは「戦って選ばれた代表が議場で堂々と市の発展を論じよう」との声が大きい。
 出馬の意向を表明する新人は、五十音順に荒井敏氏(63、屋部町、元会社役員)、岡田宗之氏(51、横町、茶店経営)、久保田克彦氏(63、豊丘町、日本共産党須坂市経済対策委員長)、古家敏男氏(57、横町、保険代理店経営)、堀内章一氏(61、小島町、公明党須坂支部副支部長)、宮本泰也氏(61、立町、前市議会事務局長)の6人。
 一方、現職は、1期が塩崎貞夫氏(64、九反田町)、浅井洋子氏(63、小河原町)、竹内勉氏(54、九反田町)、西沢えみ子氏(56、塩野町)、酒井和裕氏(60、南原町)の5人。2期が宮坂成一氏(61、大谷町)、北沢雄一氏(65、新田町)、霜田剛氏(65、穀町)、中島義浩氏(60、八幡町)、石合敬氏(58、春木町)の5人。
 3期は岩田修二氏(64、本上町)、関野芳秀氏(60、上八町)の2人。4期は佐藤寿三郎氏(67、境沢町)。5期は宮本勇雄氏(72、大日向町)。
 市選挙管理委員会の立候補手続き説明会は7日午前10時から市消防本部3階大会議室。1候補3人まで。出納責任者会議は13日。昨年12月14日時点(衆院選投票日)の須坂市の有権者は42,152人(男20,208人、女21,944人)。

2015-01-01 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。