恵方巻きガブリ〜井上小

2014-02-01 07:00 am by 須坂新聞

学校・教育 icon 井上小学校の全校児童(267人)は30日、須坂産の食材で恵方巻きを作り、今年の恵方(縁起がよいとされる方角)の東北東に向かって丸かじりした。須坂恵方巻き教室実行委員会(牧克也代表=37、松栄寿司須坂店)が、節分の行事を通して地元食材に関心を持ってもらおうと、毎年市内の小学校を巡回して開き、今年6回目。
 材料は七福神にちなみ、伝統野菜の八町きゅうりと村山早生ごぼう、米(白米と紫米)、卵、ウリ(かんぴょう)、シイタケ、ごまの7種類。のり以外はいずれも市内の施設や農家から調達し、きゅうりは塩漬け、ごぼうはみそ漬け、ウリやシイタケは甘く煮付けた。児童たちはクラスごとに、郷土食ブランド作りグループのメンバーらに手伝ってもらいながら、太巻きずしを1本ずつ作った。
 調理後は体育館に集合。「願いごとを頭に描きながら無言で食べて」という牧代表や藤岡治校長の言葉通り、児童たちは数分間、何もしゃべらず、もくもくとほお張った。天野匠実君(6年)は「パイロットになれますように」。大谷虹太君(6年)は「中学でたくさん友達ができますようにとお願いしました」と話していた。

2014-02-01 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。