【オリオン機械】優秀省エネ表彰で連合会長賞に

2010-01-30 08:00 am by 須坂新聞

工業・商業 icon オリオン機械(須坂市幸高町、太田哲郎社長)が開発したヒートポンプバランス制御(ヒータレス)空調機(PAPシリーズ、写真)がこのほど、日本機械工業連合会主催の「優秀省エネルギー機器表彰」で同連合会長賞を受賞した。少ない電気エネルギーでより多くの熱を生み出すヒートポンプを空調機に応用、省エネを実現したことが評価された。
 同空調機は一般家庭の給湯器などで注目されているヒートポンプサイクルと自社冷凍技術を応用した「ヒートポンプバランス制御」を搭載。従来制御方式に比べ最大80%以上の大幅な省エネを実現する。1台の装置に冷却用と加熱用それぞれの冷凍回路を内蔵し、無駄のない熱移動を可能とする。
 優秀省エネルギー機器表彰は、優秀な省エネ機器を開発、実用化している企業、団体等を表彰するもの。今回は47件が応募、14件が入賞した。
 初の応募で初入賞したオリオン機械は「受賞は大変な栄誉。今後はさらに排熱量を削減、空調機の省エネのほか工場の作業環境の改善にも貢献したい。また省エネ、環境面で優れた製品を提供したい」と話している。

2010-01-30 08:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。