常中武道場12日しゅん工式〜館名は当日発表

2010-01-01 07:00 am by 須坂新聞

学校・教育 icon 市立常盤中学校(市ノ瀬淳一校長、生徒約360人)の武道場は、昨年5月から新築工事を進め完成した。12日にしゅん工式を行う。柔剣道場約400㎡(26m×15m)は剣道場と98畳敷きの柔道場に。全面床の剣道場にもなる。同校が生徒や保護者に公募して命名した館名「○○館」は当日発表する。3学期から体育科の剣道を中心に、また剣道部の部活などで使用する。
 鉄骨造り平屋。延べ床面積830㎡。柔剣道場、用具庫、防具庫、倉庫で460㎡。共用施設は玄関ホール・談話休憩コーナー、ミーティングルーム、更衣室、トイレ、多目的トイレで200㎡。渡り廊下170㎡。
 設計・監理は宮本忠長建築設計事務所。建築主体は中沢工務店。電気設備は協立電機工事。機械設備は環境クリエイション。総事業
費は約2億1,240万円。文科省の安全安心な学校づくり交付金を1割活用した。残りは起債、市費。

2010-01-01 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。