割れた大石「双子石」と命名〜坂田山に新たなスポット

2021-03-13 07:00 am by 須坂新聞

観光 icon 坂田山(須坂市坂田町)に二つ目の割れ石が発見され、NPO法人坂田山共生の森を愛する会(清水信孝理事長)は「双子石」と名付け、案内板を設置して来訪者を誘導している。「竜の割石」から徒歩3分ほど。昨年秋にアニメの主人公が大石を一刀両断した場面に似ているとして市内外から来訪者が増え、今も散策コースとして親しまれている。双子石の所在地は竜の割石から「大星桜坂」を沢沿いに30m下り、左折して20mの山中。
 割れ石は同会副理事長の宮崎時雄さん(坂田町)が発見した。今年2月、竜の割石まで訪れる観光客や市民を先まで歩いてもらおうと新たな散策ルートの開発を念頭に山中を歩いていたところ、「カモシカがいるように見えた」(宮崎さん)場所に近づくと大きな石が斜めに割れていて「オー、ヤッター、割れている」と思ったという。
 地権者や関係者の了解を得て案内板を設置し、6日から誘導をしている。
 「竜の割石の弟分。ざっくり切れた?双子石?新登場」と竜の割石から誘導する。
 同石は高さ約2m、幅約4.5m。
 8日に双子石までやってきた女性(市内)は本紙の取材に「きのうも来たけど分からなかった。この石の方が大きい。竜の割石は昨年10月以来3回目。1回目の昨年は石の前で偶然めいに会った。6〜7年会っていなかった。石が呼び寄せてくれたよう」と語った。
 宮崎さんは「桜のシーズンを控え、新たなスポットができてよかった」と話す。

2021-03-13 07:00 am by 須坂新聞 - 2 コメント



服神院 雲劉 @ 2021-04-10 03:18 pm

割石は坂田山共生の森に三つあります。それは柏木平の峰の南西直下にあ
「龍臥の割石(高さ270cm・幅640cm)」です。詳しくは見晴らしの丘に置かれ
いる記帳ノートに写真付きで書き込んであります。よろしければ見て下さ
い。
2021-04-10・簡単な書き込みで失礼しました・・・雲劉

服神院 雲劉 @ 2021-04-28 06:52 pm

割石に纏わる昇龍岩について
昔々、坂田山共生の森の奥深き柏木平の峰付近の大中小の石が寄り添い重
る岩場から龍驤したり岩場で喜怒哀楽に戯れたりする龍達の跋扈や沈毅
場となっていました。そんな光景を見て、この大中小の石が寄り添い重な
る岩場を「昇龍岩」と呼ばれ田中本家の書簡に伝説が記され代々言い伝え
いるという。ある時に坂田山の山頂まで飛龍しようと勇み足で誤って丸
な大石に爪を引っかけて痛めてしまい龍蟠してしまいました。そんな姿が
割られた丸長な大石が似ていたので「龍臥の割石」と呼ばれるようになり
した。

須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。