【須坂市議会】台風19号対応、スキー場など16人が一般質問

2019-11-23 07:00 am by 須坂新聞

政治・経済 icon 市議会12月定例会は19日に開会した。一般質問は26日〜29日の午前9時半から、16人が台風19号対応と課題、峰の原スキー場営業中止の影響、中心市街地活性化、不登校、高齢者対策などただす。
 26日 ◇竹内勉▽台風19号災害の情報伝達と避難所▽峰の原スキー場営業中止の影響◇宮本泰也▽教員の働き方改革▽峰の原スキー場・須坂温泉・旧フジ会館・旧富士通須坂工場跡地・旧園里学校の課題◇堀内章一▽避難所運営など台風19号対応▽ワクチン接種◇浅井洋子▽これからの水害対策▽不登校支援
 27日 ◇岡田宗之▽台風19号における応援協定▽峰の原高原リゾート営業中止の影響と支援▽プレミアム付き商品券◇荒井一彦▽市指定文化財の災害対策▽まるごと博物館構想◇西沢えみ子▽台風19号避難所の食事▽須坂ジャパン創生プロジェクト◇古家敏男▽オープンデータの課題▽空き店舗活用の課題
 28日 ◇荒井敏▽百々川のかすみ堤など大雨洪水災害▽大風災害▽高齢者の移動支援◇塩崎貞夫▽中小河川の流域被害を最小にする堤内地の遊水地確保▽土砂崩れ対応◇水越正和▽北相之島を水害から守る妙案など台風19号の検討課題▽フルーツエールの今後の事業展開▽デジタルタトゥー◇佐藤寿三郎▽遊水地の確保など台風19号の課題▽自転車保険加入義務化▽市職員の公務飲食代の公費負担
 29日 ◇牧重信▽パルム等事業協同組合の対応など中心市街地の活性化◇久保田克彦▽台風19号の生活再建支援▽被災農家支援▽放課後児童クラブの指定管理者選定◇石合敬▽台風19号被災者救援策▽市長による無理強い事業の成果◇岩田修二▽職員の配置など台風19号被災対応▽市職員体制の課題▽子育て支援▽新年度予算編成

2019-11-23 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。