【フルーツ王国須高】夏の果実の出荷始まる〜モモやリンゴ続々

2019-08-10 07:00 am by 須坂新聞

農業 icon フルーツ王国須高では夏の果実の出荷が始まった。今シーズンは梅雨時の降雨が順調で、味も色も肥大も良好に育っている。
 モモの早生品種あかつきは7月25日に初出荷され、8月中旬まで続く。食味は甘い。早生品種の主力で、中生種のなつっこ、晩生種の川中島白桃へと果実のリレーが続く。JAながの須高ブロックでは今シーズン、モモ全体で150,200ケース(1ケース5kg)を計画する。
 また、リンゴの早生品種夏あかりは8月2日に初出荷され、8月上旬まで続く。収穫期はつがるより3週間ほど早い。シャキッとしてジューシーな味わいが特徴という。中生種の秋映は9月下旬、晩生種で主力のサンふじは11月から年内にかけて出荷される。須高ブロックでは今シーズン、リンゴ全体で約48万ケース(1ケース10kg)を計画する。
 須高営農センターの徳永浩貴さんは「夏場の降雨が順調で果実は立派に生長。販売環境は良く、しっかり販売したい」と話す。

2019-08-10 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は930円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。