「令和」の注文に追われる〜土屋印店

2019-04-13 07:00 am by 須坂新聞

お知らせ icon 新元号が「令和」に決まったのを受けて、土屋印店(須坂市上中町、土屋重忠代表)は、須坂市内外の企業や行政などから「令和」のゴム印の注文に追われている。
 企業では海外との関係で西暦採用が増えてきてはいるが、まだまだなじみのある和暦が多く使用されており、在庫の領収書、納品・請求書、封筒など印刷物の元号の修正印として、行政でも日付入りゴム印や各種書類の修正印として、これまで数百の受注があり、1日に50〜60本作って対応しているという。
 土屋さんは「元号が平成に切り替った時はとても急な話で、全国的に台木(ゴム印を貼り付ける台)が間に合わず、私たちも顧客の要望に中々応えられなかった。今回は1カ月の期間があり比較的余裕がある。新元号の令和はバランスがよくとれていて響きも良く、とてもいい文字だと思う」と話している。

2019-04-13 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は930円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。