須高の小中学校で平成最後の入学式

2019-04-06 07:00 am by 須坂新聞

学校・教育 icon 須高地区小中学校の入学式は4日、市立須坂支援学校は5日に行われた。今年の新入生は須高で小学生543人、中学生627人。5月1日から元号が「令和」に改まるため、平成の時代最後の入学式となった。
 森上小学校では晴れやかな洋服に身を包んだ47人(男子21人、女子26人)が、保護者や来賓、在校生、教職員の拍手に迎えられながら体育館に入場した。
 田中菜穂子校長は式辞で、新入生を温かく迎え、明日からの3つのお願いとして「毎日元気に学校へ来ましょう、自分から元気なあいさつをしましょう、人の話を考えながらしっかり聞きましょう」と呼びかけた。
 また在校生は「皆さんの入学を待っていました」と声を合わせ、「森上小には一緒に遊んでくれるおにいさん、優しく助けてくれるおねえさん、わかりやすく教えてくれる先生たちがいます。勉強もいっぱいがんばりましょう」と歓迎した。

2019-04-06 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は930円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。