「すざカモン!」って?〜小山小6年中組が作製

2019-03-23 07:00 am by 須坂新聞

学校・教育 icon 小山小学校6年中組(中島弘樹教諭、26人)は総合的な学習の時間で、須坂市のガイドブック「SUZA come on!」(すざカモン!)を作った。昨年、クラス全体で商売体験セミナー「ジュニアエコノミーカレッジinすざか」に参加。企画・開発したオリジナル商品をえびす講で販売した収益を制作費にあて、150部を印刷した。「須坂を訪れた人に見てほしい」と駅や市内の公共施設、観光施設などに配布する。
 本年度の総合学習の活動テーマは「須坂市宣伝」。須坂の魅力を発信するひとつの手段として、映像コマーシャルのコンテスト出品用にビデオ撮影も行ったが、締め切りに間に合わず断念した。
 ガイドブックの制作に入ったのは、卒業を目前に控えた2月ごろ。一年間の活動を土台に、取材は保護者の協力を得て主に休日。学校では表紙、地図、もくじ、編集など、作業を分担して制作を進めた。臥竜公園や動物園など市内全域の観光スポットのほか、商店、飲食店、博物館などを、カラー写真やイラスト入りで紹介している。
 ガイドブックはA4判、22ページ。卒業式間近に感慨深くページをめくった中山ひなたさん、小林丈琉(たける)君、竹内大晟(たいせい)君は「取材がすごく楽しかった」「自分が知らなかった須坂の良さを知ることができた」「もっと時間があれば、さらにハイクオリティーになったかも」と振り返った。中島教諭は「丁寧に作業を進め、こだわりながら短期間でよくここまで見栄えのいいものに仕上げたと思う」と感心し、保護者の協力にも感謝していた。
 コマーシャル用に撮影した映像は、グーライトが編集し、3月下旬か4月上旬ごろに放送予定という。
   *  *
 また、同校3年東組は総合的な学習の時間で、市動物園の飼育員を取材するなどし、動物紹介の手作り看板を作製。園内の各獣舎に取り付けたほか、ガイドブックも作った。

2019-03-23 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。