【須坂市議会】一般会計補正は1億3,800万円〜20日から

2018-11-17 07:00 am by 須坂新聞

政治・経済 icon 須坂市議会12月定例会は20日〜12月11日に開く。市は1億3,800万円余りを追加する本年度一般会計補正予算案や、文化施設などの指定管理者の指定、すざか女性未来館を廃止する条例案など20議案を提出する予定。
 一般会計補正予算案は、信州須坂フルーツエール推進協議会の商品開発などに対する負担金240万円。国の地方創生推進交付金を活用した樹園地貸付事業補助金が、想定より少なくなるため、減額して、同じ同交付金を活用する同協議会負担金に組み替える。
 来年度から20〜39歳を対象にした健康診査を実施するためのシステム改修、胃がん検診・人間ドック受診者増による経費増額など907万円、子ども・子育て支援事業計画(2020〜24年度)策定のためのニーズ調査276万円、ため池ハザードマップ作成517万円など。
 指定管理者は、須坂版画美術館、須坂クラシック美術館、世界の民俗人形博物館、歴史的建物園、笠鉾会館、メセナホールを市文化振興事業団に、蔵のまち観光交流センターを市観光協会に、峰の原高原クロスカントリーコースを峰の原高原クロスカントリー場維持管理組合に、それぞれ再指定する。ほかに、新たに特定公共賃貸住宅と市営住宅の指定管理者に県住宅供給公社を指定する。いずれも期間は2019年4月〜24年3月末。
 主な議会日程は次のとおり。▽20日 開会、議案説明▽27〜30日 一般質問▽12月3〜5日、7日 委員会審査▽11日 委員長報告、採決、閉会。

2018-11-17 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。