中沢製作所に市長感謝状〜消防団員の危険防止に貢献

2014-01-11 07:00 am by 須坂新聞

お知らせ icon 須坂市はこのほど、昨年中に火の見やぐらに登ることなく半鐘がたたける地上操作型半鐘たたき装置2基を市に寄贈した中沢製作所(幸高町)に市長感謝状を贈った。贈呈式は市消防本部で行われ、塚田茂消防長が中沢光男社長(84)に賞状を手渡した。
 装置はやぐらの下からワイヤを引くと、やぐらの上にある木槌が動いて半鐘が鳴る仕組み。市産業コーディネーターの坪井開さんが消防団員から「やぐらに登るのが怖い」との話を聞き、中沢社長に打診、市地域研究開発促進支援事業を活用して開発に着手し、試作や改良を重ねて完成にこぎつけた。2基は八幡町と豊丘上町の火の見やぐらに設置した。
 贈呈式で、塚田消防長は「消防団員の危険防止につながるもので大変ありがたい。有効に活用させていただいている」と感謝。これに対して、中沢社長は「感謝状は思いもよらないことで、大変恐縮している。やりたいことはいっぱいある。これからも皆さんの役に立つ製品を作っていきたい」と話した。

2014-01-11 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。