村松凜音君(須坂小4年)全国選抜卓球大会出場へ

2012-02-26 07:00 am by 須坂新聞

スポーツ icon 3月23〜25日に茨城県で開く「第9回全国ホープス選抜卓球大会」(日本卓球協会主催)の男子団体戦に、須坂ジュニア卓球クラブ(須坂JTC)の村松凜音(りんと)君(須坂小4)が県代表チームの一員として出場する。「県の代表なので、1つでも多く勝てるように頑張りたい」と意気込んでいる。
 村松君は今月12日に飯田市で開いた、全国大会の選考会を兼ねた「第9回県ホープス選抜卓球大会」(県卓球連盟主催)の男子小学4年以下の部で優勝に輝き、県代表メンバーに選ばれた。
 同部には8人が出場した。4人ずつ2リーグに分かれ、それぞれ総当たりで戦った予選リーグで、村松君は対戦相手の3選手全てにセットカウント3-0で勝利し、1位で予選を突破した。各リーグ上位2人で競った決勝トーナメントでも、準決勝、決勝ともに3-0のストレートで優勝を飾った。
 村松君は「得意のバックハンドがよく入った。調子が良く、コースにしっかりと決めることができてよかった」と喜んだ。
 全国大会は都道府県対抗の団体戦形式で行う。小学3〜5年が各1人、6年2人の計5人で構成する48チームが出場。5シングルス制で、3チームずつ16グループで総当たり戦を行う第1ステージと、各グループ1〜3位同士でトーナメントを戦う第2ステージを行い、優勝を争う。
 村松君は「代表に選ばれて団体を組んで全国大会に出るのは初めて。強い人たちと一緒なので、足手まといにならないように頑張りたい。県の代表で行くので、1つでも多く勝って帰ってきたい」と話している。
 須坂JTCの市村忠彦監督は「村松君は卓球経験は3年ほどだが、特に変化サービスからの速攻を武器にしたセンスのいい選手。今後は課題であるフットワークの強化をして、一層の飛躍をしてほしい」と期待している。

2012-02-26 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。