全国土産品審査会で入賞したのは?

2010-02-21 07:00 am by 須坂新聞

工業・商業 icon 全国観光土産品連盟と日本商工会議所が主催する「第50回全国推奨観光土産品審査会」がこのほど東京都内で開かれ、須高では小布施堂(小布施町上町)の「栗最中5個入」と、須坂味噌組合の信州須坂みそ「五ツ蔵」が入賞した。

 同審査会は観光土産品の発掘・育成を通して、業界の発展・振興に寄与することを目的に開催。合格品を「全国推奨観光土産品」として推奨、上位商品を表彰。今回は菓子、食品、民芸、工芸の4部門に全国576社が1,274点を出品した。
 小布施堂の栗最中5個入は日本商工会議所会頭努力賞を受賞。最中の皮と栗あんが別々に包装され、皮で餡を包んで食べる。練り立ての栗あんの風味、パリパリと香ばしい食感が味わえる。5個入のほか10個入、15個入がある。市村次夫社長は「初出品で初入選はうれしい。約8年前に商品化されたが、気軽に食べられ、日持ちもいいので贈答品としてよく利用されている」と話している。
 須坂味噌組合の「五ツ蔵」は、全国観光土産品連盟会長努力賞を受賞。組合は市内の味噌醸造所5社で組織。「五ツ蔵」は昨年3月、地域活性化のためにと5社の味噌500gを1品ずつ箱詰めにしたもの。組合長の本藤浩史さん(糀屋本藤醸造舗社長)は「ライバルだが情報交換しながらレベルアップを図っている。今回は同業者が共同で商品企画した事も評価された。商品が須坂の味噌を全国にアピール、地元産業の発展につながれば」と話している。

2010-02-21 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。