鏡味弁護士が立町で開業

2010-01-10 07:00 am by 須坂新聞

お知らせ icon 須坂市立町(大字須坂1445-8、小泉ビル2階)に先月、法律事務所「MAIMEN」(マイメン)が開所した。昨年12月に長野県弁護士会に登録した鏡味聖善(かがみ・まさよし)弁護士(25)が開業した。愛知県東海市出身。長野県内での開業を希望し、県弁護士会役員の推薦を得て法律事務所のない須坂市内を選んだ。「法律家の市民サービス(法的サービス)の充実を図り、長野の法律事務所へ通う市民の負担も軽減できる」と話す。
 同志社大法学部卒。上智大の法科大学院(ロースクール)修了。平成20年司法試験合格。昨年9月まで10カ月間、宮崎県で司法修習生として裁判所や検察庁、法律事務所で研修を積んだ。その後埼玉県和光市で2カ月間、集合修習を行い、最終試験に合格した。
 業務内容は離婚や遺言・相続、債務整理、自己破産、労働問題、交通事故など民事、刑事全般。
 鏡味弁護士は「一般に法律事務所の敷居は高いイメージだが、接しやすいよう、地域密着に徹したい。紛争を未然に防ぐための予防法務にも力を入れたい。将来的には司法書士や税理士等と連携したワンストップサービスを提供していきたい」と話す。
 須坂市在住。県弁護士会のうち、長野在住会に所属する。事務所名は「いつもいつでも尊敬できる仲間たち」の意味という。☎026-285-0941。ホームページhttp://www.maimen.jp/

2010-01-10 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。