【須坂市】交流拠点「まちの駅」設置へ〜民間に呼びかけ市内各所に

2017-04-08 07:00 am by 須坂新聞

観光 icon 須坂市は本年度、休憩や案内などの機能を備えた交流拠点「まちの駅」の設置に取り組む。既存の公共施設のほか、民間にも呼びかけ、商店や事業所などを活用して、中心市街地を中心に各所に設ける。住民や観光客の交流、情報発信の場としてや、連携してイベントなどを行い、地域活性化につなげたい考え。秋ごろからの運営開始を見込んでいる。
 まちの駅は、休憩や地域情報案内機能、トイレなどを備えた施設。誰でも無料で利用できる。設置主体や場所に制限はない。特別な設備は必要なく、商店内の一画などに設けることができる。運営は施設所有者が担い、来訪者にも対応する。
 大がかりな施設ではなく、買い物やまち歩きの途中などに、気軽に立ち寄れるお茶飲みサロンのイメージ。
 全国まちの駅連絡協議会(東京都)に申請して、認定を受ければ設置できる。個人や団体、市町村単位で同協議会に入会し、会員となって活動する。現在、全国に約1,500カ所、県内には佐久市に約20カ所ある。
 地域内外のまちの駅同士が連携して、まちづくり活動のほか、スタンプラリーやまち歩き、物産フェアなどのイベントを行うなどしているところもある。
 須坂市では、市が同協議会員となり、公共施設のほか、賛同する民間事業者などを募って、それぞれまちの駅として活動してもらう考え。本年度は合わせて20カ所程度を想定している。まちの駅には、共通のロゴが印刷されたのぼり旗やステッカーを掲示する。運営にかかる経費は各自で負担する。
 市商業観光課では、「人々の交流の場としてや、まちの駅同士が連携して活動し、おもてなしの地域づくり、中心市街地、まちの中の活性化につなげたい」と話している。
 4月24日から5月26日まで加盟者を募集する。問い合わせは市商業観光課☎026-248-9005まで。

2017-04-08 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は930円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。

須坂限定ホームページ作成無料