須坂市は、明治末期から大正期にかけて製糸業で大きな発展をとげました。 世界恐慌のあおりを受けて製糸業は衰退しましたが、生糸の町として栄えた往時をしのばせる遺産は数多く残っています。 市内のいたるところに残された土蔵造りの町並みを始め、大正時代にいち早く整備された上水道施設や鉄道関連施設などが今に残り、その他にも魅力的な建造物がいっぱいです。 その一部をご紹介します。 紹介文:須坂市役所HPから